POST /API/Individual/Naro/PRISM/plant_disease/hosei/v4/strawberry/haomote

## 病虫害判定メソッド [POST] ### 病虫害判定メソッド 概要 画像をPOSTすると、病害判定情報が返ってきます。 - 本判定エンジンのAPIのurlは以下の通りです。 - `https://api.wagri.net/API/Individual/Naro/PRISM/plant_disease/<engine>` - Example - `https://api.wagri.net/API/Individual/Naro/PRISM/plant_disease/hosei/v4/strawberry/haomote` - `<engine>`により、作目やエンジンを指定することが可能です。 - 現在公開されている`<engine>`のリストは以下の通りです。 病害: |`<engine>`|説明|バージョン| |---|---|---| |hosei/v4/cucumber/haomote|キュウリ(法政大、葉表)|4.0| |hosei/v4/strawberry/haomote|イチゴ(法政大、葉表)|4.0| |hosei/v4/eggplant/haomote|ナス(法政大、葉表)|4.0| |hosei/v4/tomato/haomote|トマト(法政大、葉表)|4.0| 虫害: |`<engine>`|説明|バージョン| |---|---|---| |nss/v3/cucumber/haomote|キュウリ(ノーザンシステムサービス、葉表)|3.0| |nss/v3/strawberry/haomote|イチゴ(ノーザンシステムサービス、葉表)|3.0| |nss/v3/eggplant/haomote|ナス(ノーザンシステムサービス、葉表)|3.0| |nss/v3/tomato/haomote|トマト(ノーザンシステムサービス、葉表)|3.0| - 補足説明 - `<engine>`のサブディレクトリは「開発組織」「バージョン」「作目名」「判定部位」の順に並んでいます。 - `<organization>/<version>/<crop>/<shooting_part>` - Example - 「法政大」「バージョン4」「キュウリ」「葉表」の場合は以下の通りです。 - `hosei/v4/cucumber/haomote` ### 病虫害判定メソッド リクエスト #### 病虫害判定メソッド リクエスト(Header) |key|value|comment| |---|---|---| |X-User-Id|String|ユーザーID| |Authorization|String|トークンタイプ+アクセストークン| - 補足説明 - `Authorization`(必須) - ベンダー様に別途お知らせしております。 - ベンダー様毎に異なる値を用いております。 - 秘密の情報ですので、取り扱いには十分注意してください。 - `X-User-Id`(必須) - エンドユーザのIDを入れてください。(※エンドユーザとは、ベンダー様が管理するユーザのことです。) - 値は任意ですが、なるべく個別のIDを入れるようにしてください。 - `Content-Type`(必須) - Supported Media Types: `application/json` #### 病虫害判定メソッド リクエスト(Body) ##### Root |key|value|comment| |---|---|---| |assets|Dictionary[]|リクエスト情報| ##### assets |key|value|comment| |---|---|---| |id|String|データID| |X-User-Id|String|ユーザーID| |options|Dictionary|開発者向け設定| |images|Dictionary[]|画像情報| ##### assets/options |key|value|comment| |---|---|---| |YOLOv3|String|病害判定に判定枠を使用するかどうか(True: 枠を使う, False: 枠を使わない)| |diagnosis|Boolean|病害判定するかどうか(True: 判定する, False: 判定しない)| ##### assets/images |key|value|comment| |---|---|---| |filename|String|写真ファイル名| |data|String|画像情報(base64エンコード)| |date|String|判定日時| |filedate|String|撮影日時| |annotations|Dictionary[]|付加情報| ##### assets/images/annotations |key|value|comment| |---|---|---| |damage|String|病害名| |plant|String|作目名| |place|String|撮影場所| |boundingBoxes|Dictionary[]|判定枠情報| - 補足説明 - `boundingBoxes`は判定枠の情報が含まれます。 - 'bbox': 判定枠の始点並びに終点の座標。順に始点のx、y座標、終点のx、y座標と記述します。 - 'ratio': 枠の拡大縮小倍率。アプリ上では画像は縮小表示されるので、後に復元できるよう拡大縮小倍率を記録します。 ##### assets/images/boundingBoxes |key|value|comment| |---|---|---| |bbox|Int[]|枠座標情報| |byhand|Boolean|自身で囲った枠かどうか(True: 手動, False: 自動)| |comment|String|備考| |conf|Int|未使用プロパティ| |ratio|Double|枠の拡大倍率| ### 病害判定メソッド レスポンス #### 病害判定メソッド レスポンス(Body) リクエストが正常に送信できた場合、ステータスコード`200`とともに判定結果が返ってきます。 ##### Root |key|value|comment| |---|---|---| |assets|Dictionary[]|レスポンス情報| ##### assets |key|value|comment| |---|---|---| |id|String|データID| |predictionID|String|予測結果ID| |images|Dictionary[]|画像情報| ##### assets/images |key|value|comment| |---|---|---| |results|Dictionary[]|判定結果| ##### assets/images/results |key|value|comment| |---|---|---| |classfier_id|String|判定エンジンID| |ranking|Dictionary[]|判定結果(降順)| ##### assets/images/results/ranking |key|value|comment| |---|---|---| |probability|Number|確度(0-1)| |estimated|String|判定結果| #### 病害判定メソッド エラーハンドリング ##### statusCode: 400 |key|value|comment| |---|---|---| |user_name|String|ユーザー名| |message|String|エラーメッセージ| |result|Int|エラーコード| ##### statusCode: 401 |key|value|comment| |---|---|---| |message|String|エラーメッセージ| |result|Int|エラーコード| ##### statusCode: 403 |key|value|comment| |---|---|---| |message|String|エラーメッセージ| |result|Int|エラーコード|

Request Information

URI Parameters

None.

Body Parameters

None.

Response Information

Resource Description

None.